分娩予約はスピードが肝心|パパッと病院にレッツゴー

女性

妊婦や貧血に良い栄養とは

看護師

葉酸は、葉物野菜やレバーに多く含まれている水溶性ビタミンの1種です。血液を合成し胎児の成長を促進させる働きがあります。葉酸が不足すると貧血や胎児が神経管閉鎖障害という奇形を発症するリスクが高くなります。葉酸を十分に摂ることでリスクを避けることが出来ます。妊婦には必要な栄養素なのです。

More Detail

早め早めの対応を

医者

赤ちゃんができたら

赤ちゃんができたと思ったら、まず多くの人は妊娠検査薬を使用して妊娠を確かめます。そして、陽性反応が出たら産婦人科を受診して妊娠を確定させます。妊娠の判定や妊娠の経過観察はほとんどの産婦人科で可能です。しかし、分娩となると入院施設や分娩に必要な機器を備えた産婦人科、もしくは産婦人科のある総合病院、または助産院に限られます。そのため、赤ちゃんができたら、分娩をする医療機関を予約する必要があります。少子化と言われている現代社会ですが、産婦人科の減少もあり、人気の医療機関や助産院は妊娠の早い段階で予約しないとすぐに予約がいっぱいになってしまいます。人気と言われていなくても、妊娠の週数が進めば進むほど予約は困難になります。

早めの予約が必要です

早くしないと分娩予約ができなくなってしまうのは、横浜市でも同様です。横浜市は全国的に見ても分娩の可能な医療機関や助産院が充実しています。そんな横浜市でも、早くしないと予約ができなくなってしまいます。特に希望の出産スタイルや医療設備の希望のある場合には、妊娠週数の早い段階でないと予約ができなくなってしまいます。だからと言って、出産は必ずしもスケジュール通りに行くわけではありません。帝王切開や早産の可能性も十分に考えられるため、分娩を行う病院の目星は予めつけておくとよいでしょう。自宅から近いクリニックや評判の高い産婦人科など、施術を受ける医療機関を複数決めておくことで、いつ陣痛が来ても焦らず対処することが可能です。幸い横浜市には選択肢が多く存在しているので、妊娠が発覚した時点で調べてみることをおすすめします。分娩予約はスピードが肝心です。

バランスよく摂取する

女の人

妊婦は、胎児の成長のために、十分な栄養を摂る必要があります。特に妊娠初期には、細胞をつくるために必要な、葉酸やたんぱく質、亜鉛などの栄養を、積極的に摂ることが重要です。栄養は血液で送られるので、血液をつくる鉄分も必要です。

More Detail

妊娠する前に知ろう

ベイビー

臨月になれば陣痛促進のために軽い運動も効果的です。あくまで無理はしないように気を付けましょう。また、本来は臨月までに行っておくのがベストですが、いつ出産になっても大丈夫なように入院セットは準備しておきましょう。

More Detail